ICの活動

第 17回 東北 アジア・ユース・オンライン・フォーラム( 2021年 8月 25日~ 28日)のご案内【実施済み】

第17回東北アジア・ユース・オンライン・フォーラムご案内
– 海外からの参加者を募集しています

2004年に韓国で始まった「東北アジア青年フォーラム」は、2021年に17回目を迎えます。日本、中国、韓国の若い世代で構成されるこのフォーラムは、東北アジアの平和と繁栄を築くために様々なテーマについて議論し、若者ならではの解決策を提案する上で重要な役割を果たしてきました。今年のフォーラムでは、未来の社会を築く上での課題に取り組み、参加者はオンラインでの文化交流を体験してもらいます。今からでも応募できますので、ぜひ参加してみてください。お待ちしております。

■ テーマ:『超連結(ハイパーコネクト)社会と青少年』
□ サブテーマ(1):不確実な未来に備える青少年政策とは
□ サブテーマ(2):技術革新に伴い未来の仕事に若者はどう対応していくのか
□ サブテーマ(3):学習環境の変革による教育格差に対する若者の解決策とは
□ サブテーマ(4):デジタル時代の若者の連帯と協力

■ プログラム概要
□ タイトル:第17回東北アジア(日・中・韓)青少年オンラインフォーラム
1) オンライン事前ミッション 2021年7月19日~8月15日
2) オンライン参加者オリエンテーション 2021年8月21日
□ 場所:オンライン
□ 参加者:韓国、中国、日本の大学生60名(各国20名ずつ)
□ プログラム:開会式・閉会式、テーマ講演、討論、オンライン文化探訪、グループ活動、レクリエーション。
*すべてのイベントは英語で行われます
□ 参加費:なし(韓国政府支援による開催)
□ 特 典:修了証を発行します
□ 主 催:MRA/Initiatives of Change Korea
□ 開催期間:2021年8月25日〜28日
*参加者全員はフォーラム全行程への参加が前提となります。
□ 後 援:韓国女性家族部
□ 協力機関
 - 韓国:社団法人より良い世界(BW)
 - 中国:中国国際青年交流センター/世界文化交流会(GCE)
 - 日本:公益社団法人国際IC日本協会/日本国際ワークキャンプセンター(NICE)
□ 参加者募集目標
 - 中国人学生 20名
 - 日本人学生 20名
条件:以下のような参加者を求めています。
 - 大学生(大学院生も可) – テーマに興味があり、英語でディスカッションができる方。
□ 応募
:参加希望者は以下を提出してください。
1)オンライン応募フォーム:*Click to apply: http://naver.me/5Q4OB1eF
2)自己紹介用ビデオ
 - 内容は以下の通りです。
・自己紹介と応募理由をお聞かせください
・長さ:60秒(動画は縦ではなく横にして録画してください)
・言語:英語(字幕なし、映像編集は完璧でなくても構いません)
・応募方法 動画のリンクをコピーして、応募フォームに貼り付けてください。
□ 応募締切り:2021年6月20日(24:00, KST)必着
□ 審査発表:2021年7月1日(17:00, KST)

■ プログラムの詳細
□ プレセッション
(1) オンライン事前ミッション
 - 日付:2021年7月19日~8月15日
事前ミッションの日時は参加者が自由に選択可能 ※詳細は追ってお知らせします
 - 場所:オンライン
 - コンテンツ
・テーマに関連した地域の最新情報のアップロード
・希望メッセージのアップロード
(2) オンライン参加者オリエンテーション(同期アクティビティ)
 - 日付 2021年8月21日
指定された日に参加可能な方 ※時間未定
 - 場所 オンライン
 - 内容
・プログラムの紹介、参加者同士の挨拶
・アイスブレーキング、チームビルディングのアクティビティ
・文化交流(ビデオブログの視聴)
(3) メインプログラム(フォーラム)
 - 開会式 / テーマ講演
 - サブテーマの発表 / グループディスカッション
 - 文化交流 / クイズショー/
 - サブテーマ別ソリューション採択及び発表
 - 閉会式

※詳細については、下記の連絡先までお問い合わせください。
□ Bongsu Choi (Better World) | global@1.or.kr | +82 2-330-2412

第17回東北アジア青少年オンラインフォーラム募集案内

第10回総会 ZOOMのご案内<実施済み>

第10回定時総会は、コロナ感染拡大防止のためオンライン(ZOOM)で開催されます。
総会のご案内及び資料につきましては、2/25(木)に各会員宛に郵送いたしました。
オンライン参加をご希望の会員は、以下の点につきご承知おきください。

1. [開催日時]
  3/14(日) 10:30~12:30
  ・ZOOMの入室案内(パスワードとID)は3/10(水)を目途に参加希望会員のアドレス宛に送付いたします。

2. [参加申込み]
 ・ご自宅のPCから、事務局(info@iofc.jp)宛に参加申込みメールを送信下さい。
 (3/5までに申し込み願います
 ・申込みのメールには整理の必要上、
   (1)オンライン参加希望 (2)氏名(漢字で) (3)連絡が取れる電話番号 
  の3点をご記入ください。
 ・発信されたご自宅アドレス宛に、事務局からZOOM入室案内を送ります。
 (上記1.参照)
 ・正会員でオンライン参加される方は、オンライン会議で議決を行えるので議決権行使書(葉書)の返送は必要ありません。
 (議決に参加できるのは正会員のみですのでご注意ください

3. [ご注意]
 ・ZOOM会議に参加されるには、予めZOOMアプリをPCにインストールしておく必要があります。
  また、デスクトップPCでは据付カメラ(マイク付き)が必要です
 (ノートPCではカメラが内蔵されているものが多いようです)。
 ・ZOOMのパスワードとIDが、ご自宅PCに届いた時点で確認をお願いいたします
 (会議の直前にお問合わせが重なると、事務局として対応が取れなくなる場合がありますので、ご配慮お願いいたします)。

*なお、総会に欠席される正会員の方は、郵送資料に同封の議決権行使書(葉書)3/5までに事務局宛返送願います。

2020年 第42回 IC国際フォーラムのご案内<実施済み>

[テーマ]
「危機における変革力  ~ピンチをチャンスに~」
Transformative resilience in times of crisis. “Recognizing a crisis as an opportunity!“

現在、世界は激動期にあり、社会は大きな転機を迎えています。
経済のグローバル化が進展しヒト・モノ・カネの往来が急速に増大し世界に更なる成長の機会を生み出す一方、社会的・経済的格差の拡大や移民問題等により、これまで自由経済の恩恵を受けていた国々でも保護主義が顕著となっています。

その中で、新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、多くの国が医療崩壊の危機に直面し、移動や流通の制限により世界経済は大きな打撃を蒙り、内向き志向の加速や様々な問題が表面化しています。また私達の日常生活においてもコロナ禍により様々な変化が求められています。

民族や宗教、国や文化の違い等による価値観の異なる人々が共に手を携え、コロナ禍を克服し、共生する社会が実現されない限り、我が国はもとより世界の平和と安定した成長を期待することは出来ません。

戦後、日本の国際社会への復帰に貢献したIC(MRA)運動の原点は、一人ひとりが良心に従い、勇気ある一歩を踏み出す時、家庭に、社会に、そして国際関係にさえ変革をもたらす、というものです。

このフォーラムにおいて、さまざまな背景をもつ国内外の多彩な参加者と話し合い、そして自分自身を見つめることを通じて、どのような家庭を築き、どのように社会に貢献するか、また危機を乗り越えて持続可能な平和な世界を目指すための自分の役割は何か、ということを見出す契機にして頂けると思います。

今年はコロナ禍のため、会議場での開催ではなくオンライン(ZOOM)での開催とし、皆さまのご自宅からそれぞれのパソコンやスマートフォン等を利用してご参加いただくことになります。

[主なプログラム](予定)
基調講演、IofC海外チームによるセッション、静かな時間、グループディスカッション

[日 時]
2020年10月24(土)~25日(日)

[問い合せ先]
メール(宛先:info@iofc.jp)または お電話(03-6273-1428)にて事務局までお問合せ下さい。
なお、参加には、会員の紹介が必要となりますのでご承知おき下さい。

[申込締切]
10月16日(金)

第42回 国際ICフォーラムの報告書をご覧下さい。下記をクリックして下さい。
第42回IC国際フォーラム実施報告書
[英文]第42回IC国際フォーラム実施報告書

[English Report of The 42nd IofC International Forum]
 Theme: Transformative resilience in times of crisis “ recognising a crisis as an opportunity!”
 Sub theme: What kind of future do we want to build ?
 Dates: October 24th ~ 25th, 2020 (by on line)