ICの歴史

 

略年表


大正
 1921年
(大正10年)
 フランクブックマン博士、オクスフォード大学を中心に活動開始。
昭和
 1938年
(昭和13年)
「軍縮の再武装ではなく道義と精神の再武装(Moral Re-Armanennt)を」
とのブックマン博士の提唱からロンドンでMoral Re-Aemamentとして発足。
 1948年
(昭和23年)
horiuchi
ロサンゼルスMRA世界大会に堀内健介元駐米大使などが参加。
日本の戦後初めての国際会議への参加となる。大戦後の西ドイツにMRA国際代表団が訪問。
敵国同士だった独仏の和解を進めた功績が認められ、ブックマン博士は独仏両国より最高勲章を授与された。
 1949年
(昭和24年)
 片山哲元首相、毎日新聞記者がスイス・コーMRA世界大会に出席。
 1950年
(昭和25年)
 中曽根康弘氏ら国会議員7名、石坂泰三氏・本田親男氏ら経済人、労働組合代表など72名が
MRA国際チームの招待でスイス・コーを始め、独、仏、英を訪問。帰途、議員団はアメリカを訪問。
 1951年
(昭和26年)

makino

加藤シヅエ参議院議員、戸叶里子衆議院議員、渋沢敬三元蔵相、片岡義信氏(国鉄)、木村行蔵氏(国警)、高橋東芝専務、長谷川東芝労組役員、久保等氏(全電通)ら、アメリカ・マキノ島でのMRA国際会議に参加。

 1955年
(昭和30年)
 自分のあり方が国のあり方であるとのメッセージを伝えたMRA劇「ボス」は
石川一郎経団連会長の後援により各地で上演されたほか、首相官邸でも特別公演が行われる。
 1961年
(昭和36年)
 岸信介前首相、福田赳夫衆議院議員、コーのMRA世界大会に参加。
 1962年
(昭和37年)
 小田原MRAアジアセンター開設。odawara
 1975年
(昭和50年)
 6月28日国際MRA日本協会発足(土光敏夫会長)。
 1984年
(昭和59年)
 文部省認可のもと、社団法人としての活動開始。
 1986年
(昭和61年)
 第1回日米欧経済人円卓会議(CRT)をコーで開催。
平成
 1995年
(平成7年)
 国連大学、尾崎行雄記念財団と共に「和解と共生への課題」のテーマで東京国際ダイアローグを開催。
 1998年
(平成10年)
 MRA発足60周年を記念して「明日のために、今・・・」というテーマでシンポジウムを開催。
 2003年
(平成15年)
(社)国際MRA日本協会から(社)国際IC日本協会に変更。
 2012年
(平成24年)
 内閣府から公益社団法人の認定を受ける。